歯を白くしたくても歯医者でオフィスホワイトニングをする時間がない、費用がない人に簡単にタバコのヤニ、お茶やコーヒーなどのステインを落とす方法をご紹介します。その方法は歯磨き粉と綿棒を使った方法です。ただし、メリット、デメリットもあるので理解して行うように!

歯磨き粉と綿棒を使って歯を白くする方法のメリットデメリット

まず最初に、歯磨き粉と綿棒を使った歯を白くする方法のメリット、デメリットから見ていきましょう。

メリット
  • ほとんどコストがかからない
  • ウルトラ級に簡単で誰でもできる
  • 歯医者に行く必要がない
デメリット
  • あんまり白くならないこともある…過度な期待は禁物
  • エナメル質を傷つけてしまう可能性がある
  • 時間の無駄になってしまう可能性がある

 

歯磨き粉と綿棒を使った歯を白くする方法は誰でも簡単にできる、ほとんどコストがいらないのが主なメリットです。でも、デメリットも意外とあります。歯の表面であるエナメル質にすり減らす可能性や傷つけてしまう可能性があります。

劇的に歯が白くなるということはほとんどなく、ちょっぴり白くなったかな?程度なので過度な期待は禁物です!もし、この手法で歯が白くなっていたら、歯医者のホワイトニングはありませんので!では、やり方をご紹介していきます。

歯磨き粉と綿棒を使って歯を白くする方法

綿棒の画像

歯磨き粉と綿棒を使って歯を白くする方法はホントに超簡単です。誰でも今日から実践できる歯を白くする方法なので、ちょっと興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

用意する物
  • なんでもいいので綿棒
  • 研磨成分が入った歯磨き粉

 

準備するものはたったの二つです。なんでもいいので100均などで販売されている綿棒でかまいませんので、綿棒を用意します。もう一つは、研磨成分が入った歯磨き粉です。研磨成分で歯の汚れを落とします。ほとんどの歯磨き粉には研磨剤が入っているので心配はそこまでいらないかと思います。

1:綿棒に研磨剤が入った歯磨き粉を付ける

やり方もいたって簡単です。まず、綿棒に研磨剤が入った歯磨き粉を付けます。たっぷりつけるのではなく、ほんの少量でかまいません。

2:ステインが気になる部分を歯磨き粉綿棒で軽くこする

ステインが気になる部分を歯磨き粉綿棒でかるく上下にこすります。鏡をみながらするのがポイントです。感覚でやってしまうと、歯茎もこすってしまう可能性がありますので、鏡を見ながらすっくり落ち着いてしましょう。

3:うがいをする

最後に口に残った歯磨き粉をすすぐためにうがいをします。はい。これで終了です。簡単でしょ!!笑ホントだッ!!白くなった!って人もいれば、全然白くならないじゃん…あほか!って人もいたのではないでしょうか?おそらく後者の方が圧倒的に多いかと…

パールホワイトと綿棒の合わせ技が意外と効果的!

歯磨き粉と綿棒を使った歯を白くする方法はいかがでしたでしょうか?実践しても正直あんまり効果がなかった人が多いのではないでしょうか?この手法は、あくまでもこんな歯を白く方法もあるんだ程度の方法です。

この手法を綿棒+ホワイトニングジェルだったら意外と効果があるんです。ネットとかでもすでに広まっていますが、パールホワイトのようなホワイトニングジェルを歯ブラシで使って磨くより綿棒に使った方がきれいになるってこと。

上記で紹介しているのは、研磨剤が入った歯磨き粉ですが、研磨剤が入った歯磨き粉⇒ホワイトニングジェルに変えるだけで効果は全然違ってきます。

歯磨き粉と比べるとお値段はその分高くなってしまいますが、歯医者でホワイトニングをするようは安く済みますし時間もかかりません。自宅でできるホワイトニングに挑戦してみたいなぁって方は試してみてくださいね!

パールホワイトプロEX公式サイトへ